模型 TOP制作過程  【 TAMIYA 1/12 DUCATI 1199 PANIGALE S TRICOLORE 】
【 1 】 はじめに内容物の確認です。
・ランナー  ×  3枚
・クリアパーツ  ×  1枚
・ゴムタイヤ
・ビス類
・デカール( カルトグラフ社製 )※参考/約1,300円~3,000円
・塗分け用マスクシール
・説明書
★あと、フロントフォーク用のディテールアップパーツ
1199 パニガーレS フロントフォークセット (タミヤ別売り)
・その他、タミヤの デティールアップパーツ
※参考/約1,000円~6,000円
【 2 】 パーツの切り出し
ランナーからパーツを切り出し、デザインナイフ ・やすりスティックでゲート処理して、小分けして いきます。
【 3 】 フロントフェンダー・フェールタンクの処理
・それぞれタミヤセメントで溶着し72時間乾燥。
・はみ出た接着剤を#600のペーパーで取り除く。
#1000,#1500のペーパーで表面を整える。
・白サフを塗装して合わせ目が消えているか確認。
【 4 】 処理その他 - 1/接着
・エンジンブロック・メインフレーム、
   シートフレーム・スイングアーム、
   エキゾーストパイプ・ラジエターファンを接着します。
【 5 】 処理その他 - 2/カーボンデカール
・フロントフェンダー・リアフェンダー、
   エキパイカバー・サイドスタンド、
   スプロケットカバー 等々
   これらのパーツにはカーボンデカールを貼り付け予定。
【 6 】 下地の処理
セミグロスブラックで塗装する※パーツとシルバー系の
   パーツは下地として黒サフを吹き付けておきます。

※セミグロスブラックとは『半つやの黒色』のことです。
背景色がセミグロスブラックです。マウスを乗せてください。
背景色と文字の黒色を比べると分かり易いかと思います。
因みに背景色はRGB(50,50,50)、文字色はRGB(0,0,0)です。
注意:あくまでも近似色なので実際の塗装色とは異なります。
俺流の稼ぎ方
HOME
PAGE
TOP
模型
TOP